不眠症サプリメント

不眠症に良い足つぼマッサージ

こころとからだをリラックスさせて、安静な状態にするには足つぼマッサージが効果的です。

足つぼは東洋医学で反射区とも呼ばれ、全身の臓器とつながる箇所があるといわれ、足裏をもみほぐすことで体調が改善されるといわれています。
またストレスを解消しやすいともいわれます。

指で押して刺激することでだれでも簡単にやることができるので、一日の疲れをとる意味でやってみませんか?


足つぼについて

東洋医学で行われるつぼのマッサージとは、つぼと呼ばれる部位を刺激することで、全身の気の流れをよくして体調を整える治療法です。
自分でやるときは、つぼを押すときには、大まかな位置を気持ちいいと感じる程度に押す程度にやってみましょう。痛みを感じるまで強く押すと、かえって逆効果になってしまうこともあります。

押す場合は基本、親指の腹の部分でゆっくりと押してあげてください。

湧泉(疲労が強いときのつぼ)


足の指を曲げたときにくぼむ部分。不眠やひえ、疲れが溜まって体力、精神力が弱くなったと感じる時などに効果があるとされていおり、呼んで字のごとく元気が出てくるつぼです。

失眠(眠れないときのつぼ)


かかとの中央部分。強く刺激しても大丈夫なつぼで寝付けないときに数十回強く押して揚げえると効果的です。

首のこりの解消


首周辺の不調に良いつぼです。足の親指から中指の下をマッサージし、親指と中指の付け根と先端を揉みます。

肩のこりの解消


肩のこりを和らげるつぼです。足の薬指から小指の下を、外側に向けて、ゆっくり押してマッサージをします。

» «