不眠症サプリメント

不眠症に良いアロマテラピー

アロマテラピーとは自然の植物から抽出された香り(エッセンシャルオイル)を使った芳香療法のことです。
ストレスの多い現代では、リラックスのために女性を中心に大変人気があります。アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルの香りの種類も豊富で、自分に合った香りを見つけるのもまた楽しみの一つです。


エッシェンシャルオイルの種類

イランイラン
緊張をほぐしてリラックスさせてくれる特性があります。
濃厚で甘いエキゾチックな香りで、香りが強いので、使用量には注意が必要です。

カモミール
リラックス作用のあるハーブから抽出されたオイル。
ハーブティーとしてもよく知られています。

サンダルウッド
情緒安定に作用するウッディな香り
すっきりしてさわやかな香りがする

ゼラニウム
ローズに似たフローラルな香り。
心を調和させるさようがあり、生理痛などの女性の悩みにも適します。

ネロリ
鎮静作用があり、いらいらしたときや不安なときに適します。
柑橘系のさわやかで明るい香り。

マジョラム
ストレスや不安解消に適します。
ハーブから抽出したオイルで、暖かくてスパイシーな香りです。

ラベンダー
鎮静作用があり、リラックス作用に優れています。
エッセンシャルオイルのなかでは、一番有名です。

ローズウッド
ストレス解消に効果的なオイル
バラ科の樹木から抽出したエッセンシャルオイル
ローズとは異なりウッディな香りです。

ほかにもいろんな種類のエッセンシャルオイルがあります。

オイルの使い方

アロマポット
1、アロマポットの容器に水を張ります。
2、エッセンシャルオイルを数滴たらし、ろうそくや電球でエッセンシャルオイルを温め、蒸気で香りをただよわせて使います。

アロママッサージ
オイルを植物油(ホオバオイル、グレープシードオイル)などで薄めたマッサージオイルで全身をマッサージします。
お勧めはお風呂上りの寝る前の時間にゆっくりと行うとさらにリラックス効果が高まります。

感情が高まって寝付けない時や、いらいらストレスを感じるときに、一度試してみられてはいかがでしょうか?

» «