不眠症サプリメント

頭をすっきりさせるレム睡眠

レム睡眠とは、睡眠サイクルの中で最後にやってくる脳が活発に動いている睡眠の状態です。
この時脳は、昼間経験したり、勉強したりしたことを整理整頓して、記憶の戸棚にしまいこみを行っています。


レム睡眠の作用

いやな思い出も、楽しい思い出、学んだいろいろな事を長い間記憶していられるのようにレム睡眠によって再編成を行い、長期記憶として残しています。

また記憶は脳細胞やニューラルネットワークのニューロン結合により、保存されているのですが、あまり使わないと忘れることが加速していきます。
レム睡眠時は、ニューロンを刺激することであまり使わない記憶も忘れないようにもしてくれています。

それほど働いているレム睡眠時の脳は、起きている時以上に働いており、脳が使うブドウ糖の量はかなり高くなるほどです。

いらない情報は忘れ、重要な情報だけ残すように再編成することで、昼間の時間の集中力、記憶力、想像力を高めます。

昼間の活動を最高の状態に持っていくには、レム睡眠をしっかりとることが必要になのです。

レム睡眠の特徴

レム睡眠をできる限り長く取りたいものです。

ですが、眠りに入ったばかりの睡眠サイクルでは短く、朝方の起きる直前のころはレム睡眠の時間が長くなります。

これは、体の疲れをとるノンレム睡眠の時間を長くするためにそうなっています。

平日朝方までゆっくり寝れない方も多いと思います。
そんな方にも朗報なのが、休みの日に少し長めに取ってあげることで実は補うことができます。
休みの日だらだらすごすのではなく、普段は6時間も寝れない方でもプラス1時間30分ぐらい寝ることで、有意義なレム睡眠を取れます。

頭を使う現代人には大切な時間なのではないでしょうか?!

» «