不眠症サプリメント

睡眠時無呼吸症候群の危険な5つのサイン

いびきをかいているからそれ全てが悪いというわけではありません。
ですが睡眠時無呼吸になってしまうと、健康被害を引き起こしやすくなってしまいます。
いびきから一歩踏み込んだ睡眠時無呼吸の5つのサインをみてみましょう


いびきのパターンが変わる

以前からいびきを書いていたが、最近いびきが途切れるようになった
これは、いびきが途切れているときはもしかしたら、無呼吸になっている可能性があります。
いったん途切れたあとに、大きな音をだしていびきをかいていたら、その間無呼吸になっている可能性があります。

睡眠中に体を以上に動かす

呼吸が止まってしまう息苦しさから仰向けには眠れず、無意識のうちに体を動かす状態です。
大いびきをかき、しかも寝相も落ち着かないとなれば、かなり高い確率で睡眠中に無呼吸になっている可能性があります。

睡眠中によく咳をする

大いびきをかきながら、口でたくさんの空気を飲み込むため、咽頭からの分泌物などを気管支に吸い込んでしまうときに
それを吐き出すために咳き込みます。これも、無呼吸になっている可能性が高いです。

夜中に突然飛び起きる

いびきどんどんおおきくなり、睡眠中に呼吸が突然不能になってくるしくて飛び起きる状態です。

睡眠中に苦しくなって目が覚める

夜中に、呼吸が止まってしまい、苦しくなって目が覚めてしまう人は確実に無呼吸をしています。

もしこのようなサインを感じたら、身近な人にぜひみてもらい、お医者さんに相談しましょう。

» «