不眠症サプリメント

昼間に眠気に襲われるナルコレプシー

昼間に耐えられないほどの眠気に襲われて、居眠りしてしまうのがこのナルコレプシーです。
知らない人からは怠けもの誤解されてしまうことも多いのですが、世界的にみると1000人~2000人に一人は発症するという決して少ない病気のため、社会的に認知していかなければいけない病気なのです。


 

症状

しっかりとした睡眠をとっているのに昼間に耐えられないほどの眠気に襲われます。
通常は緊張感のある作業中や試験の最中など眠気が起こらないはずの場合に急に眠気におそわれて、居眠りをしてしまいます。
また、脱力発作もあり、大きな感情の動きがあるときに急に全身、体の一部の力が急に抜けてしまうこともあります。

原因

ナルコレプシーの原因は、まだはっきりとわかっていません。しかし、患者さんのほとんどがある特定の血液型(HLA)であるということから何か体質的な事が関係しているのではといわれています。ですが、その血液型だと発症するというわけではありません。
また、オレキシンという脳内物質がナルコレプシーの患者さんでは少なくなっていることがわかりました。

対処法

ナルコレプシーは日中の眠気を抑える薬や生活の工夫で対処していくしかありません。

薬物療法

現在根本的に直すことは難しいそうです、ただ、薬で症状をコントロールすることで、日常生活ができるように改善していきます。
眠くなった場合は「精神刺激薬」を
体が脱力した場合は「抗うつ剤」が用いられます。
怖い夢などが原因で夜の睡眠が不安定な人には「睡眠薬」が使われます。

生活の工夫

昼休みなどに20分ほど昼ねをすることで、眠気を軽減することができます。
規則的に20分ぐらいの昼寝を取ることで2~3時間すっきりとすごすことができます。

大切なのは、周囲の人の思いやりなどが大切になってくるのかもしれません。

«