不眠症サプリメント

不眠症改善のちょっとした5つのコツ

睡眠時間が長ければ、疲れや眠気がとれるかといえば、そうではありません。浅い眠りでよく目が覚めてしまったりする不眠症に悩まされている人は多くおられます。
そんな悩んでいる方に普段の生活で簡単に熟睡できるちょっとしたコツを紹介します。


1、規則正しい時間に寝起きを行う

人には概日リズムという寝起きのリズムがあります。
この概日リズムが脳の睡眠と覚醒をつかさどっており、このリズムがおかしくなると眠れない不眠症や昼間に眠気に襲われたりします。
にすることで、概日リズムがよくなり、睡眠の質があがります。

2、昼寝は短く、3時ぐらいまでに

昼眠ると、それまで朝から蓄積されていた睡眠促進物質を分解します。もし、夕方に寝てしまうとその睡眠促進物質があまりないので今度は夜に眠ることができずらくなってしまいます。

昼寝をしなければ、いいのでは?となりますが、短時間の昼寝は脳を覚醒させ、思考力が上がるという報告もあるので、15分~20分の昼寝はお勧めです。

3、日中に日光を浴びる

脳の目覚めに日光を浴びることは、とても大切なことと言われていますが、睡眠にも体内の時計を正常にし、夜への睡眠を良い影響を行います。
寝つきが悪い人は、朝、散歩してみたり、起きたらすぐにカーテンをあげ、光をあびることが、夜の熟睡につながります。

4、夜の入浴が睡眠を促進する

夏はシャワーだけだったり、忙しい人ほどゆっくりお風呂に入らない方が多いのではないのでしょうか?
ですが、入浴は副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスします。その状態でオレンジの光の部屋でゆっくり寝る前の時間をすごし寝床に入れば、そのまま気持ちよく入眠できやすくなります。

ただし、寝る直前だと、体温が上がりすぎるので、寝る1~2時間前がお勧めです。

5、寝ようと考えすぎない

眠れなくなると、寝なければいけない。寝ないと次の日の仕事に…と考えすぎてしまい、逆に寝れなくなることがあるのではないでしょうか?

眠るときにはリラックス状態でなければ、寝ることができません。考えすぎることで、神経が高ぶってしまい寝れなくなっているのです。
そんなときは、その意識をそらし難しい本を読んでみたり、リラックスした音楽を流したりとして、考えないようにしましょうそうすれば、うとうとと眠たくなってきます。

» «